子どものこと

小学校低学年の初めてのスマホにおすすめ!安心・安全な【トーンモバイル】

小学校に上がると、子どもは1人で動ける範囲が格段に広がります。

放課後の子どもの預け先に苦慮するワーママにしてみれば、子どもが習い事などに1人で行くことができるようになると、ありがたいですよね。

でも、子どもを1人で活動させるのは、やっぱり不安。イレギュラーなことが起こったとき、経験の少ない子どもは臨機応変に動くことができないからです。

ママ
ママ
習い事のお教室にはもう着いたかな?
ママ
ママ
帰るはずの時間に帰ってこないけど、バスを乗り過ごしてしまったのかな…。

こんなことがあると、親としては、連絡用に「子どもにケータイを持たせること」を検討し始めますよね。

でも、大人と同じスマホだと、使い過ぎてしまったり、ネットで知り合った人とトラブルになったりすることが心配だし、
かといって、キッズケータイだと少し機能が足りないので、長く使わせることができない

この記事は、小学校低学年のお子さん用に、初めてのケータイを検討しているママに読んでいただきたい記事です。

わこ
わこ
我が家の息子(小2)に持たせているケータイをご紹介します

オススメは、トーンモバイル

わたしのオススメは、「トーンモバイル」。あのTSUTAYAと、雑誌VERYがコラボしているとか。

このスマホには、親が安心できるような、子どもを見守る機能がすべて揃っているのです!

また、子どもが好き勝手にアプリをダウンロードしたり、動画を観まくったりするようなことを防ぐ機能もついています。

適切に制限された高機能スマホを使わせることで、離れた場所にいる親も安心を届けられる、まさに子どものファーストスマホにぴったりなのです。

オススメポイントを以下にご紹介しますね。

【TONE】申し込みページはこちら

オススメの理由

とりあえず「TONEファミリー」が最強!

トーンモバイルには「TONEファミリー」という子どもを見守る機能のパッケージがあります。

月額200円かかりますが、これだけは必須。というかトーンモバイルを子ども用に使わせる理由ははっきり言ってこれだけ!!何でもありのスマホを持たせるのに抵抗があるママは悩まずこのオプションは付けましょう。

ちなみに親もトーンモバイルを使っている場合は月額無料です。

「TONEファミリー」はいろいろな機能があるんですけど、わたし的にこれは嬉しい!という機能をご紹介します。

位置検索機能でいまどこにいるかがわかる

TONEスマホにはGPS機能が搭載されており、逐次、子どものいる場所を親のスマホにインストールした「TONEファミリー」アプリの地図上で見ることが可能です。PCでも見られます。

TONEファミリーアプリ画面4現在地情報

登録地点に入ったらメールで通知

予め登録しておいた地点に入る/出るタイミングで、通知を受け取ることができます。

位置情報のお知らせ画面

親が「TONEファミリー」アプリをインストールしていなくても、メールで通知を受信できるので、我が家はパパママ以外にじいじばあばなどのメアドを登録しています。

インストールアプリを管理できる

「TONEファミリー」を使うと、アプリのインストールには親の許可が必要です。子どもが勝手にアプリサイトにアクセスしても、親にダウンロードリクエストを送ることしかできません。親が「TONEファミリー」アプリ上でリクエストを許可することで、子どものスマホにそのアプリがインストールできるようになります。

最近の子どものIT操作能力って本当にすごくて、こういった制限をかけておかないと勝手によくわからないアプリをインストールしたりするんですよね。

アプリごとに使える時間を管理できる

各アプリごとに、利用時間帯(何時から何時まで使えるか)や1日の利用時間(何分間使えるか)を設定できます。

我が家は、連絡用にLINEをインストールしていますが、子どもが遊びに行ったり習い事に行く時間帯近辺しか、許容していません。

トーンモバイル現在利用できないアラート画面利用できない時間帯の表示画面

急遽、今から使わせたい、という時には、親の「TONEファミリー」アプリからリアルタイムに制限設定を変えることもできます。

わこ
わこ
もちろん、スマホ自体を指定した時間帯以外使えないようにすることも可能です!

歩きスマホ防止機能

大人でも、つい歩きスマホをしてしまうものですが、トーンモバイルでは、歩きスマホをすると強制的に画面が変わリ、操作ができないようになっています。

歩きスマホ検知画面歩きスマホすると強制的にこの画面に

同時に、親にも「歩きスマホ発生」と通知が来ますので、帰宅後にきちんと子どもに注意することもできます。

歩きスマホ検知画面歩きスマホ通知

スマホ画面を見ながら歩いていて事故に遭う、なんてことが防げますよね。

わこ
わこ
これは子どもには必須の機能だと思った!

バッテリー残量低下通知

バッテリー残量がなくなってきたときに、保護者向けに通知してくれます。

我が家のように「必要な時しか持たせない」という方針だと、スマホを充電し忘れてしまうということが起こります。でもこの通知があるおかげでそれに気づくことができるんですよね。

バッテリー残量が5%と10%になったら通知がきます

ここまでご紹介した「TONEファミリー」の機能が決め手で、わたしはトーンモバイルに決めました。

もちろん、フィルタリング機能もバッチリ

ブラウザ機能を使うなら、有害サイトにアクセスできないようなフィルタリングが欲しいですよね。

小学生・中学生・高校生、それぞれの年齢に適切なサイトだけを閲覧できるように設定されたトーンモバイル専用のウェブブラウザアプリがあるので安心です。

わこ
わこ
我が家は今のところブラウザは使わせてません

容量無制限

トーンモバイルでは、基本プランでパケット容量無制限で利用可能です。

インターネット、地図、メッセージ:容量無制限
アプリDL、動画:制限あり(高速チケットオプションを買う)

もし万が一、パケット通信が容量オーバーで制限されてしまい、必要な通信ができなかったりしたら元も子もありませんよね。

我が家では動画アプリなどはインストールしていませんので、「容量無制限」のものしか使っていません。そのため、容量を気にすることなく使うことができます。

わこ
わこ
LINEも制限なしで使うことができます

スキンチェンジで通常のスマホにも

子どもの年齢が上がり、もっと普通のスマホのように使いたい!というときには、スキンを変更することができます。

ボタンひとつで、「子ども向け」「シニア向け」「一般向け」のスキンに変更することが可能です。

月額料金は、基本料金1,000円!

どんなに高機能だとしても、月額料金が高かったら子どもに持たせるのはちょっと…と思いますよね。

トーンモバイルの基本料金はなんと1,000円。いわゆる携帯会社から比べたらめちゃくちゃ安いですよね!ここに、必要に応じてオプションを付けた場合オプション料金が加わっていきます。

電話かけ放題オプションとか、留守電オプション、SMSオプションなどいろいろあるんですが、低学年の子どもに最初に持たせるケータイとしては、以下の2つだけで良いと思います。

  • TONEファミリー:200円/月
    (上記に説明した、子どもの見守り機能)
  • 安心オプション:500円/月
    (商品破損時や盗難時に端末を取り替えられる)

通話はLINE通話で十分だし、SNSをやらせないならSMS認証を使うこともないのでSMSも不要

ちなみにSMSオプションは、途中で解約する場合、SIMカードを変更する必要があるので、不要であれば、最初からなしの契約にしたほうがいいと思います。(その場合、LINEはFacebookアカウントなどで認証することになります)

いまならさらにお得

さらに、今ならお得に契約できるキャンペーン実施中です!

新規申し込み時に「安心オプション」を付けると、端末代金が5,000円引きで購入できるか、基本プラン1,000円を6ヶ月分無料にするかの割引を受けることができます。

子どもに使わせる場合、「安心オプション」はいずれにせよ必要なオプションだと思います。

基本プランの割引を選んだ方が、実質6,000円分の割引なのでお得ですね。

サポートも充実

TSUTAYA店舗でサポート

TSUTAYA店舗でサポートしてもらえます。全店舗ではないので、最寄りの店舗を調べてから行きましょう。

ちなみにわたしはすべてWEBで手続きしたので、店舗には行っていません。

箱に置くだけで不具合検知

買った時の箱、なんだかずっしりしてるなぁと思ったら、そこに置くだけで内臓アプリが起動して不具合を見つけてくれるという機能があるらしいです!

わざわざ店舗に行ったりしなくても問題が解決できるとしたら便利ですよね〜。ちなみに今年の3月から使っていますが、我が家はまだ故障はありません。

我が家の使い方

このように、子どもを見守る機能がパーフェクトに具備されていて、親からしたらめちゃくちゃ使いやすいトーンモバイル。

我が家では、息子が1人でサッカースクールに行くときや、公園に遊びに行くときなどに持たせています。

習い事への行き帰り

サッカースクールからは、バスを乗り継ぎしたりして、片道40分ほどの道程になります。

サッカースクール★…(サッカースクールの送迎バス)…駅★…(一般バス)…バス停★…(徒歩)…自宅★

★を地点登録しておき、「入ったとき」と「出たとき」に通知が来るように設定。
5地点まで登録ができるので、バスの終点の駅も登録しておき、「あー寝過ごしたな」というのもわかるようにしています。(何度かありました)

公園へ遊びに行くとき

徒歩10分ほどのところにある公園ですが、親なしで遊びに行くときは持たせています。

友達とふらっと駄菓子屋に行ったり、友達の家に行ったりなど、意外と公園から勝手に移動しちゃうことも多いので、居場所がわかるのとわからないのとでは安心感が違います。

「公園から移動するときは必ず連絡すること」「1時間に1回はケータイを見て、ママからのメッセージが入っていないか確認すること」を約束事にしています。

わこ
わこ
まだなかなか守れないですが、そんなとき位置情報がわかると安心です

ちなみについ最近、息子はスマホを忘れて帰ってきたことがありました。わたしもその場では気付かず、夜中に「そういえば今日帰ってきたときの【自宅に入りました】の通知を見ていない」ということに気づいて位置検索してみたら、案の定、マップ上では公園にあるようでした。

わこ
わこ
このときは、本当に位置検索機能があって助かった!

誰かに拾われても面倒なので真夜中の公園に探しに行きましたが、一瞬で見つけることができました。いや〜〜〜すばらしい!ありがとうTONEスマホ!

子ども(特に男子!)は本当にアホなのでこれでもかってほどモノを忘れてきたり落としてきたりします。スマホも例外ではありません。故障や紛失には備えておくことをオススメします。

トーンモバイル 新規契約手続き

準備するもの
  • クレジットカード(支払い用)
  • メールアドレス(親のメールアドレス、各種手続きの連絡用に必要)
  • 他社からの乗り換えの場合、MNP番号
  • Tカード(ポイント付与用、なければ申し込みと同時に作ることも可)

子どもに持たせる場合は、親の名義で作ることになるので、上記すべてママ自身のものでいいと思います。

また、XXXX@tone.ne.jpというメールアドレス(子ども用)を作ることになるのであらかじめ考えておくとよいでしょう。

トーンモバイル申し込み画面トーンモバイル公式HP

Web上で10〜15分で完了です。

申し込み後、数日で「本人確認郵便」で届きます。SIMは全て設定完了、基本設定がされた状態で送られてくるので、電源を入れたら使えます!初心者向きですね〜!

【TONE】申し込みページはこちら

トーンモバイルが小学生に持たせるケータイとして最適な理由

小学校低学年の子どもに持たせる初めてのケータイには、親が欲しい機能が揃っているトーンモバイルがおすすめです!

トーンモバイルおすすめポイント
  • 位置検索機能でどこにいるかがわかる!
  • 親がインストールアプリや利用可能時間帯を管理できる!
  • 歩きスマホができない仕組み
  • バッテリー容量低下を親に通知してくれる!
  • 見守り機能はママ以外の保護者(パパやジジババ)とも共有できる!
  • 動画やアプリDL以外は容量無制限!
  • ボタン一つで普通のケータイにも変更でき、長く使える!

【TONE】申し込みページはこちら