家事

家事分担アプリ「Yieto」を使ってみた【最悪の夫婦ケンカのその後】

こちらの記事の続きです。

「見えない家事」が引き起こした最悪のケンカ!共働き夫婦の意識のズレ先日、我が家では、史上最悪の夫婦喧嘩が勃発しました。 発端は、何を隠そうワーママの救世主、【CaSy】 です。 https:...

やっと「家事の再分担に関する合意」までこぎ着けました。

家事分担アプリ「Yieto」を使って、現状の分担状況を把握しよう

まず最初にやることは、現状把握です。

おそらく、わたしから見た「妻がやっている家事」と、夫から見た「妻がやっている家事」の認識が違うことが、このいさかいの原因だからです。もちろん、「夫がやっている家事」についても同じことが言えるのですが、妻側はだいたい夫のやっている家事については把握しています。

でも、見えない家事も含めて一つひとつイチから項目を上げるのはちょっとしんどい。
ヌケモレがあったら元も子もないですし。絶対にあるはず、と思って「家事分担アプリ」を探してみました。

ありました↓(現在のところ、iOS 10.2以降に対応とのこと。)

「見えにくい細かい家事も共有できる」という謳い文句の通り、かなり詳細にタスク分けされています。

たとえば洗濯でも

洗濯に関する家事

「汚れのひどいものはシミ抜きや手洗いをする」
「洗濯物を仕分け、ネットに入れ、洗濯物を回す」
「洗濯機のホコリ取り、フィルター掃除」

といった風に細かく分けられていて、それぞれ、どちらがやっている(または2人でやっている)かをチェックできるようになっています。

わこ
わこ
うちの夫は「洗濯機のホコリ取り」なんて家事の存在を知らないよ…

このアプリを使ってわたしがひとりで一通り回答してみた後、ケータイを渡して夫に上書きしてもらいました。

現状の家事分担状況はこちら…驚くべき結果に

結果がこちら。

Yieto家事分担マップ(現状)現状の我が家の家事分担
ピンク→妻
水色→夫
黄色→2人
わこ
わこ
まーーーーーーピンクですね笑

夫婦の家事分担比率をどこに設定するか

この真っピンクな表をどの程度、水色もしくは黄色にするのか。

わたしの中では2つの選択肢がありました。

  • 家にいる時間の比率で分ける
  • 年収の比率で分ける

どちらを採用したとしても、今の不公平な分担は是正されるし、どうせ完璧にその比率にすることなんてできないので、わたしとしてはどっちでもいいと思っていました。

わこ
わこ
年収比の方が心情的にエゲツないよね

いずれにせよ、どちらを採用するかを夫に委ねたのは重要なポイントだと思っています。夫に選択させることで、この取り決めは他者からの強制ではなく夫自ら選択したことになります。

子育てでもよく言われることですが、相手に約束を守らせるには、相手がそれを自分で決定したと思わせることが重要だそうです。

夫の選択は「家にいる時間の比率」だった

夫は前者を選択しました。そっちの方が比率的に自分に有利に働くとおもったのか、年収比は流石にエゲツないと思ったのかは不明です。

そこで、下記のルールで1週間のあいだでお互いの家にいる時間を計算しました。

平日:それぞれの平均的な帰宅時間から0時まで
休日:7時〜23時

計算の結果、夫:わたし=45:55という比率になりました。

わこ
わこ
こんなに50:50に近い値が出るとは!

この値を前に、さすがの夫も観念したようでした。

少しでも夫の心に響けばまずは目的達成

とはいえ、わたしも今すぐ45:55にしろとは言いませんでした。

わこ
わこ
見えない家事の分担がわたしになるのはしょうがない。
でも、だからこそ、見える家事くらいは、わたしに言われなくても自らやって欲しい

と要求しました。

そして、その瞬間から実際に、夫は変わったのです。見えた変化は以下の通り。

  • 【今まで】洗濯カゴに入っている未洗いの洗濯物は放置
    →洗濯機で回されるようになった
  • 【今まで】洗濯機内の洗濯が終わっていても放置
    →分別され、乾燥機にかけるor干されるようになった
  • 【今まで】洗濯物の片付けを依頼しても、わたしの物だけは、
    「しまう場所がわからないから」とかいう理由で床に放置
    →クロゼットや引き出しにしまってくれるようになった
  • 【今まで】畳む洗濯物の入ったカゴをリビングに持って来ても放置
    →何も言わずとも畳んで引き出しに収納されるようになった
  • 【今まで】夕食後は一通り食器をキッチンに置いてテーブルを拭いたら、
    役割終了と言わんばかりに、わたしがまだキッチンに立って洗い物をしている
    のにソファでテレビを見はじめる
    →片付けを最後まで一緒にやるようになった 
  • 【今まで】夫がひとりタイミング遅く食べた後の食器はシンクに放置
    →洗われるようになった

とりあえず、彼の中では、
日常的な「見える家事」イコール「洗濯と夕飯の後片付け」と考えたようです。

「妻に言われないと家事をやらない夫」の本心

夫に対する妻の不満として、

「毎回、妻から言われないと家事をやらない」

というのがありますが、これってつまり夫の意識としては

「本当は妻の仕事だけど手伝ってやってる優しい俺」

ということなのだと思います。

そういうのが垣間見えるから、
いっときのタスクとしては分担している風だけど、日常的に分担してる感が全くないんですよね。

相手に言われなくても自発的にやるのが「分担」なのです。

現状の分担マップ

ちなみに、今の現状でYietoを付けてみたらこんな感じになりました。

Yietoの家事分担マップ左:Before → 右:After

左上のあたり、黄色が増えた感じがするのがお分かり頂けると思います。

もちろん、比率としては45:55にはまだまだ程遠いです。でも、わたしはものすごく満足しています。

これだけのことが、わたしが言わずとも行われることになった、というのは、実感的にはものすごい変化なのです。

家庭内の家事分担について まとめ

家事分担でモヤモヤイライラしている人は多いはずです。

でも、だからと言って夫に、

妻
こんなに不公平でイライラしてるの!わかってよ!

と感情論で言っても、あまり響かないのではないかと思います。
(今回わたしがヒステリックに怒ったのが夫に効いたのはかなりレアケースだと思います)

うまく家事分担を行う方法

現状の分担など、夫たちにはデータを見せて論理的に攻める

交渉時には要所要所に夫に選択権を持たせ、自分で選択した結果であると思い込ませる

これは男性に限らずですが、人間には自己一貫性を保ちたいという本能があるので、
自分が決めたこと、言ったことに関しては矛盾する行動をとりにくいという特性があるそうだ。

家事分担に悩んでいる方、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

♪ワーママランキング♪

ランキングに参加しています。
興味のあるブログカテゴリをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ