内股矯正

子どもの内股矯正〜治療開始6ヶ月後の経過レポート

こんにちは、わこ(@happyworkmom)です。

前回、治療を決めるまでのことを記事にしました。

【小学生】子どもの内股矯正をやっています〜治療を決めるまでこんにちは、わこ(@happyworkmom)です。 我が家の長男(8歳小2)は内股です。 今年の5月から、内股矯正を始めて...

6月から治療を開始して、6ヶ月経ったところまでの経過について書きます。内股矯正の治療に興味を持たれた方は参考にしていただければと思います。

毎日やっていること

自宅での股関節ストレッチ、お尻の筋肉のトレーニング、下肢装具装着(3時間以上)が課されています。いずれもお風呂の後、寝る前〜就寝中にやっています。

息子の内股矯正トレーニング膝のところにゴムバンドを巻いて開くトレーニング
下肢装具をつけている息子下肢装具を付けることで外向きの力をかける

それ以外には、姿勢の矯正ですが、まあこれは正直、見ていて気になった時に注意するという感じですね…。小2の息子が自身で出来ている割合は5%くらいかと。

インソールは1つしかないので、最初のうちは学校の上履きの中に入れていましたが、実は上履きでそれほど「歩き回る」ことはないんですよね。今では外履きの中に入れて毎日履かせています。

ASICS KIDSで足の計測ASICS KIDSでは足の計測をしてくれます

息子の外履きはこれ。ASICS KIDSで足を計測したところ、息子は足幅が狭いタイプらしく、ナロータイプのスニーカーを選びました。かかとが高くなるインソールを入れるので、ベルクロタイプでがっちり甲を覆うもの&かかとを高めに覆うタイプです。

こちらは上履き用。いわゆる一般的な上履きだと、インソールを入れて履かせるのは不可能です。

上履きについては、学校で指定のものがあったわけではないのですが、念のため許可を取りました。クリニックで診断書を書いてもらい(正式な病名が付きます)提出しました。

クリニック通院時

月1回、下肢装具を持参してクリニックへ通院します。クリニックでの所要時間は30分〜1時間弱です。

通院時にやるのは、身長・体重の計測と、足首関節の内転角度の計測です。足首の内転角度をもとに、下肢装具の足首部分の角度を調整してくれます。(現状の角度+5度に設定しているようです)

クリニックでの計測毎月の計測

そのほか、先生がお尻の筋肉のトレーニングチェックをします。治療の進行度合いに従って、新しいストレッチの追加や姿勢や歩き方の指導が加わります。

座り姿勢(指導前)
座り姿勢(指導前)

特段痛い治療はないので、子どもも嫌がることなく通院しています。

足首の内転角度の経過

治療プランとしては、1ヶ月あたり+5度を目標に進めています。つまり、治さなくてはいけない角度によって、必要な治療期間が異なるのです。

治療前、足首の内転角度は、

右:-10度
左:-30度

でした。

マイナスは、内側に向いているという意味です。7-8歳の子どもの場合、正常値は-5度〜+20度くらいで。ちょい内側から外側を向いているのが正しい範囲。

内股の角度イメージ内股の角度イメージ

これに対して、毎月通院時に計測した値は下記です。

5月 -10 -30
6月(治療開始) -10 -30
7月 -5 -25
8月 0 -20
9月 -5 -15
10月 0 -10
11月 5 -5
12月 5 -8

青字は前月より改善した月、赤字は前月より改悪した月です。多少行ったり来たりはありますが、全体的にはかなり改善できています。

足首内転角度の計測グラフ

右足については、正常範囲に入っていますね。左足がもう少しといったところ。

12月は、順調に進んでいた左足が初めて戻ってしまったのでショックでした(わたしが)が、先生曰く、

先生
先生
みんなだいたい半年くらいでこういう『踊り場』が訪れるものなので、落ち込まなくて大丈夫ですよ

と言ってくださいました…泣

確かに、半年くらいたってくると、子どもも親も、少しダレて来るんですよね。息子も、夜中割と早いタイミングで下肢装具を外してしまったり。そういったことが如実に結果に現れるので、気を引き締めるいい機会となりました。

ちなみに身長もこの半年で3cm伸びました。

動画で比較!治療前と治療6ヶ月時点での歩き具合

6月(治療前)

ちょっと意識して歩いてる感がありますが^^:

12月(半年治療後)

こうして見ると、結構変わってるなぁと思いました。普段から見てるとあまり分からないんですけどね。

今後は毎月、進捗を記載しようと思います。あと6ヶ月、気を緩めず治療を頑張ります!

♪ワーママランキング♪

ランキングに参加しています。
興味のあるブログカテゴリをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ